かな一押し☞ドライヤーで出来る事

ドライヤーで出来る美容方法
意外になんと!!!!!!

肩こり解消😳‼️‼️

現代人を悩ませる一つに肩こりが(´・_・`)
長時間パソコンに向い仕事をしたり、同じ姿勢で何かに集中して気がつくと肩が…なんてことも。
肩こりでの血行障害は顔色を悪くする一つの要因とされていますね。
そんな肩こりドライヤーで改善、顔色アップしてみましょう♪

ドライヤーは髪を乾かすだけのものではありません。
肩のこっている部分にドライヤーをあてることで血行が促進され、肩こりが軽減します。

やけどをしないように、肩から30cm位離してあてるようにしましょう。

肩こりは温めるのが一番!

お風呂でゆっくり温めたいけど1日に何回も入る訳にはいきません。
そんな時、気軽に使えるのがドライヤー。
肩のこっている部分にドライヤーを数分当てて温めてみましょう。
その後、肩のまわり、肩甲骨をほぐすような運動をするとより効果が実感でき顔色アップに繫がります。

肩こりだけじゃなく
顔色も良くなるドライヤー方法を
是非してみてください😚👌

メイク編☞ドライヤーで出来る事

次はお化粧編から~

キレイなくるりんまつ毛を作る時もドライヤーが活躍してくれます。

まつ毛を挟む部分をドライヤーの熱で軽く温めて!
熱でまつ毛が格段に上がること間違いありません♪

その方法も簡単😚💓

ビューラーをドライヤーで温めてから、
まつ毛をカールさせて、
そのあとに冷たいビューラーでもう一度カールさせると、
取れにくいカールができ上がります。

ドライヤーでビューラーを温める時間は、5~6秒で十分です😍👍

そして、マスカラを塗った後、まつ毛を長持ちさせるなら…

マスカラが乾く前に、ドライヤーの冷風をまつげの下から煽るようにあてます。
指などを使ってまつげを持ち上げるように下から支えると、より効果的。
温度が冷えることでカールが形状記憶されるので、ドライヤーは必ず冷風を当ててください。

ほんのちょっとの一手間がいつもよりキレイなあなたを作ってくれます♡

続☞ドライヤーで出来る事

まだまだドライヤーで出来ることは
たっくさんありますよー\(^^)/

髪を乾かしてるあの時間に
綺麗になれるステップアップ(・o・)💡

髪の毛を乾かす時、顔に温風が当たって乾燥が気になるときがありませんか?
お風呂上がりにしっかり保湿してもドライヤーの熱で蒸発してしまう。

逆転の発想!

ドライヤーの熱で毛穴を開かせ化粧水を浸透させればいのです。

その方法は?

フェイスパック😳👌

お風呂上がりにシートパックをしてからドライヤー。
ドライヤーの熱で毛穴が開き化粧水がぐんぐんお肌に浸透していきます。

ダメージも気にならず保湿もできて一石二鳥です♪

最近は大量にパックが売られているので
これは毎日でもできるのでは~!?

ドライヤーで出来る事?!

皆さんドライヤーで髪を乾かしますよね~!?😳

その時間が好きな人は多分きっと少ないはず…

面倒だし時間もかかるし
嫌われがちなドライヤーですが
実はメイク崩れを防いでくれるスグレモノ。💫

まずは
メイク崩れを防ぐ方法をお伝えしますね\(^^)/

img_5155

1 まず、たっぷりの化粧水などで肌を整えたらドライヤーの冷風を肌が冷たくしっとりするまで当てる。

お肌を冷やす方法は保冷剤でもいいんですが、ドライヤーの方が楽なので今はもっぱらドライヤーのみ(・ε・` )

2下地、リキッドファンデを塗ったら必ずスポンジでポンポンと余分なものを落とす。

3またドライヤーの冷風を当てる

4メイクを仕上げたら最後にまたドライヤーの冷風。

これでバッチリ!!

かなり化粧崩れが防げます。

っていうか化粧崩れほとんどしません😍👍

ぜひ!!お試しあれ~💓💓

30代の肌に保湿はかかせません。

保湿成分がありすぎてわからない…化粧品に含まれている「保湿成分」には、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などたくさんの種類があるのはご存知のとおり。しかし、それぞれどんな役割を持っているかわからない方も多いのでは?

これから冬にかけてどんどん寒くなり、乾燥対策に保湿は避けて通れないもの。より美肌を目指すべく、保湿ケアに欠かせない種類や特徴を徹底解明します。
お肌の仕組みをおさらい

保湿成分の理解を深めるためには、お肌の仕組みについてまずは知っておきましょう。お肌は、皮膚の表面から表皮・真皮・皮下組織の3つの層から成り立っていています。
美肌づくりには、表皮の中でも1番表面に近い「角質層」を整えてあげることが大切。角質層は食品用ラップと同じ約0.02mmの厚みの中で、積み重なった角質細胞とそれを埋める細胞間脂質で構成されています。
角質層を潤す保湿成分は様々ですが、この角質細胞内の水分をキープするものと、角質細胞の隙間にある細胞間脂質の水分をキープするものを重点的にチョイスすれば乾燥対策は万全というわけなのです。
水分をキープするおすすめの保湿成分

セラミド

セラミドは、細胞間脂質に含まれる大切な成分。名前の通り脂質なので、本来水分と交わらないものですが、セラミドは水分をサンドイッチにして挟み込んでくれる特徴があります。

その挟み込む力はとても強く、仮に湿度が0%になったとしても水分を逃さないと言われるほど。また、気温が-20℃になっても凍らないため、最強の保湿成分と言っても過言ではありません。

セラミドの中でも様々な種類がありますが、1番保湿効果が高いと言われているのがヒトの肌の中にあるセラミドと同じ構造を100%の割合で合成した「ヒト型セラミド」。化粧水より美容液として使うのがオススメ。
アミノ酸

私たちの身体の約20%はアミノ酸でできていて、角質細胞内で水分を保持する「天然保湿成分(NMF)」の主成分でもあります。アミノ酸にも様々な種類がありますが、ほとんどが水分を抱え込む性質を持っています。
コラーゲン

コラーゲンはもともと肌内部の真皮にある成分でハリや弾力を維持していますが、化粧品に配合されているコラーゲンは残念ながら真皮までは浸透しません。主に、表皮部分での保湿成分として働いてくれます。
真皮部分のコラーゲン量を増やしたい場合は、ビタミンC誘導体などを使ってコラーゲンを生成する「線維芽細胞」の活動を活性化がカギとなります。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は「1gで6Lの保水力を持つ」と言われいますが、実際はコラーゲン同様、分子が大きいため角質細胞内には届かず、細胞同士の細胞間を埋める役割の方が優れている成分でもあります。
ヒアルロン酸は特に敏感肌にオススメの成分なので、ヒアルロン酸を使う場合は「ヒアルロン酸入り化粧水」ではなく「ヒアルロン酸入り美容液」を使った方が、役割にかなっていると言えるでしょう。
保湿成分が高配合されていると価格も高くなりがちですが、セラミドは乾燥がひどい冬場だけにし、それ以外はヒアルロン酸やコラーゲンなどで代用するなど、季節で保湿成分を変えるのもアリ。ぜひ参考にして下さいね!

美容のことなら 糸島 美容室 EN

さんまについて

旬ですね✨さんま✨ 


サンマ(秋刀魚)に含まれる栄養素価格も安く、焼くだけでも美味しく食べることができるサンマは、古くから庶民の味覚として親しまれてきました。同時に夏の疲れが残るこの時期にも「さんまを食べると元気になる」と栄養面でも高い評価を受けています。では、サンマには具体的にどんな栄養素が含まれているのでしょうか⁇

まずは、他の青魚にも多く含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれています。EPAには、血液をサラサラにし、血栓を予防する作用があります。血栓を予防することができれば、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病を予防することができます☝️

一方のDHAは、脳に良い栄養素として有名ですよね。DHAは脳細胞に行き渡り、脳内の細い血管にも弾力を与え、酸素や栄養素を全体に送ります。さらに、体内の悪玉コレステロールを減らす作用もあります。

そして、もう一つの注目すべき特徴は良質なタンパク質。サンマに含まれるアミノ酸は、体内に吸収されやすいバランスをしています。

他にも、ビタミンやカルシウム、鉄分なども豊富に含まれています。特に精神を安定させたり、血液の循環をよくしたり、貧血を予防したりするビタミンB2は豊富で、その含有量は他の魚の3倍以上とも言われています。眼精疲労やガン予防にも効くビタミンAも豊富です。

上記のように、サンマは美味しいだけでなく、栄養分も豊富なんですね✨

サンマ(秋刀魚)と大根おろしが合う理由‼︎

サンマと言えば、大根おろしと一緒に食べるのがスタンダードですよね。でも、これにもちゃんと理由があるのです‼︎

上記のような栄養素は、身の部分よりも血合いや内臓に多く含まれています。しかし、苦味があるので内臓が苦手な人も多いと思います。そこで効果を発揮するのが大根おろし。

大根おろしには発ガン物質を抑える作用がありますし、苦味を抑えてもくれます。さらに、大根おろしにはタンパク質を分解する酵素が入っているので、消化を促進すると同時にビタミンや鉄分の吸収もよくしてくれます。 大根おろしを一緒に食べるのは、きちんと理由があったんですね。

旬のものは体に良いのでみなさんもおいしくいただいてください❤︎

健康にも気を使ってます

11月のお休みについて

10月もたくさんの方のご来店ありがとうございました!

11月もお待ちしております!

11月半ばで福袋のご予約が締め切りとなるので

気になっている方、お悩みの方はお早めにご来店ください!

 

11月のお休み

11/2・11/15・11/10・11/17

となっています!

11/8は大阪研修のため

12時以降から予約受付開始となりますのでよろしくお願いします!

img_1425

Slowgarden別府店
address:城南区別府3-3-1
TEL:092ー821ー7351
ご質問、ご予約はこちらから

instagram

https://www.instagram.com/kentaro_narahara/

寝不足な時は!寝不足解消!食べ物でもできる!?

寝不足解消に繋がる

食べ物、飲み物編

つらい寝不足に。

解消法をご紹介します☆

食べ物編

レタス

サラダによく使う野菜とえば、レタス!なんとレタスには、興奮した神経を鎮めたり、睡眠効果があるので試してみてください☆

たまねぎ

たまねぎのどんな物質が睡眠効果がある硫化アリルの成分が寝不足の人にとってはとっても頼りがいのある物質みたいです☆

 

バナナ

アミノ酸の一種のトリプトファンが私たちを快敵な睡眠へと導いてくれるみたいです☆

ゆでたまご

卵黄の部分が、ストレスを軽減させる効果があるにたいです!なので安眠効果にいいそうですよ!

小魚

煮干しなどの小魚も、寝不足解消には効果的だそうです。カルシウムは、骨を丈夫にする栄養素としてしられてますが精神を安定させる効果もあるそうです!

間食に、煮干しなどの小魚を食べると快適な睡眠が取れるかも☆

飲み物編

牛乳

牛乳には、バナナにも入ってるトリプトファンが含まれています、摂取すると脳でセロトニンと合成されてメラトニンという睡眠促進ホルモンが出て眠りを助けてくれます☆

 

ハーブティー

ハーブティーは、アロマを嗅ぐ時と同じようにリラックス効果が期待できます。

カモミール、ローズヒップ、ラベンダーなどは睡眠効果があるそうなので、寝る前にリラックスしてみては!

生姜湯

生姜は温めると!?ショウガオールという身体を温める成分に変わります。温めたお湯に生姜を加えて飲むと、効果が期待できそう☆

寝不足解消できると言われる食べ物や飲み物を一つでも試してみるといいと思いますよ☆
ヘッドスパも効果的なので詳しくは
Slow garden別府店へ
092-821-7351

お鍋の季節ですね

お鍋の季節がやってきました!お鍋でお手軽ダイエットをしませんか?

寒くなるとお鍋が恋しくなりますよね❤︎お野菜もたっぷりとれて体も温まるお鍋は冬レシピの定番✨そんなお鍋は食べ方次第でダイエットの効果もあるんです‼︎そこでダイエット方法と注意点についてご紹介します。


鍋ダイエットが効果的な理由

1.体が温まり代謝がアップ

温かい鍋は体の芯から温まり、冷え性の改善にも効果的です☝️さらに、生姜や唐辛子を加えることで代謝が促進されます。さらに温かいものを取るとお腹も満たされ、食欲の抑制にも効果が期待されています。
2.野菜がたくさん採れる

生の野菜を同じ量食べるには抵抗がありますが、茹でることによって野菜もやわらかくなり、たくさんの量を採ることができます。ダイエットに不可欠な野菜を手軽に採れるのもお鍋の魅力✨


鍋ダイエットの注意点

1.葉物やキノコ類を中心に野菜から食べる

鍋なら何を食べても良いというわけではありません🖐葉物やキノコ類を重点的にとり、炭水化物を含むいも類は控えましょう。また、血糖値の上昇を抑えるため野菜から食べるように心がけましょう。
2.厚揚げ、バラ肉、鶏皮は控える

厚揚げや油揚げは控えましょう。厚揚げは、豆腐の5倍のカロリーがあるので豆腐がおすすめです。さらに肉類では脂身の多いバラ肉や鶏皮も控えましょう。少し手間ですが、皮を剥いで鶏肉を食べると効果的です。
3.雑炊など〆は食べない

これが難しい‼︎💦💦雑炊おいしいですもんね😭鍋は脂が落ちるのでヘルシーなイメージがありますが、〆の雑炊やうどんなどはこれらの脂を全て吸収してしまうためNG❌最近ではカロリーの低いこんにゃく麺もあるのでそちらで代用も良いみたいです!

4.汁は飲まない、ポン酢で食べる

最近では美味しい鍋スープもたくさん出ていますよね。でも鍋スープにはお肉などの脂が染み出ているのでダイエット中は控えましょう。おすすめはあっさりとしたポン酢で食べるヘルシーな水炊きです。

今週から寒くなるみたいなのでお鍋は主婦の強い味方です👍きれいになれたら一石二鳥✨

糸島 美容室 EN

ネイル女子力UP

こんにちは(^O^)

今日、ご紹介するのは、

アールの

ネイルです(^O^)

赤とゴールドで

今からの季節に

ピッタリの

ネイルです(^O^)

これから

年末にかけて

クリスマスや

忘年会に

向けてオススメのネイルです(^O^)

ぜひご来店

お待ちしてます(^ ^)

http://www.slow-garden.jp

 

“ネイル女子力UP” の続きを読む