冷えは女の敵です!

/

気温は上がったのに、手足は冷たいまま

気が付けば、夏でも手足が冷たいと感じることはあませんか?冷えは、女性ホルモンにとっても大敵。体温が1度下がると免疫力は30%、代謝は12~20%低下すると言われ、さまざまな不調を引き起こします。


実は、「冷え」といっても原因は、大きく4つに分かれるんです。ここでは、冷えタイプセルフチェックとそのタイプに合わせた冷え対策をご紹介します😃

筋肉不足

□20回以上腹筋ができない 

□1日歩く時間は30分以下 

□仕事の9割はデスクワーク 

□体の割に下半身が太い 

□むくみやすい 

□学生時代、体育の時間が憂鬱だった 

□階段を登るだけで息切れする 

□疲れやすい

このタイプは、熱を生み出すために必要な筋肉が足りておらず、さらに日頃から体を動かす機会が少ないので、筋肉も衰えています。改善策は何よりも「運動」をすること!


全身の筋肉の約7割が集中しているのが下半身の強化が代謝アップへの何よりの近道です。太ももの内転筋を効果的に鍛え、美脚も叶えてくれるエクササイズがオススメ☝️

血行不良

□ひどい肩こりに悩まされている 

□腰が重い 

□頭痛持ちである 

□肌が荒れやすい 

□下痢気味、または便秘気味だ 

□一度クマができたらなかなか回復しない 

□夕方になると顔が土色になる 

□お風呂に入っても汗が出るのに時間がかかる

このタイプはストレスや不規則な生活などによって自律神経が乱され、女性ホルモンもバランスを崩しています。自律神経の働きである血管の収縮と拡張がうまくいかず、巡りが悪くなってしまいます。

改善策は「お風呂」です。入浴は体の芯から温めるだけでなく、自律神経のバランスも整えます。湯船に浸かることで汗腺トレーニングも行え、体温調節ができるように。また、リラックス効果のある食品もオススメです。


末端冷え

□手が冷たいとよく言われる 

□寝るときに、アンカや電気毛布が欠かせない 

□足が冷たくて目が覚めることがある 

□体をあたためていても、足は冷えている 

□冬はしもやけができやすい 

□お風呂に入っても、寝る頃には足が冷えている 

□夏は冷房の効きすぎた部屋で過ごしている 

□運動をほとんどしない

このタイプは手足が冷えて悪化すると痛みを感じるように、原因は全身の循環の滞りにあります。流れが悪くなると、末端の血管の細い部分に影響が。末端冷えは血巡り悪化のサインでもあります。体内の老廃物を運ぶリンパの流れをスムーズに造る血作用のある食材を取り入れてみてください。

内臓冷え

□脇の下よりもおなかの方が冷たい 

□腰回りは常にひんやりしている 

□厚着をしても体が冷える 

□1年に2回は風邪をひく 

□だるくてやる気が出ない 

□平熱は36°C以下だ 

□氷入りのドリンクをよく飲む
このタイプは、臓器の働きが弱まり、消化や代謝も悪化している状態。体の表面は温かいので、自覚症状がない場合も多いので注意が必要です。体温が36度以下の場合は、内臓が冷えている可能性が高いのでご注意を。

内臓の冷えにより消化酵素の力が弱くなり、栄養がうまく吸収されにくくなっています。山芋や大根、かぶなど消化を促す食品を摂ると同時に、胃腸を温めスムーズな消化活動を助けることも忘れずに☝️

自分の冷えタイプを知る!

自分の冷えタイプを知り、自分に合った冷え対策をして美しくなりましょう✨✨


HAIR・SPASE EN

TEL092-321-0394

一緒に美しく健康になりませんか?

クーポンはコチラ!