プチ更年期

/

「ささいなことでイライラしてしまう」「憂鬱な気持ちが続く」「顔がほてりやすい」「ふとしたときに大量の汗をかく」「頭痛が治まらない」といった心身の不調は、更年期障害の代表的な症状です。
50歳前後の女性に起こるとされている更年期障害ですが、最近は、若い女性で上記のような症状に悩まされる方が増えています。

一体なぜ、若いうちから更年期障害の症状が起こってしまうのでしょうか?

今回は、近年注目されている「プチ更年期」について詳しくお話しします。
そもそも更年期障害って?
年齢を重ねるにつれて卵巣の機能が低下すると、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の分泌量が減少します。

エストロゲン量の低下を感じた脳は、「ゴナドトロピン」という性腺刺激ホルモンを分泌してエストロゲンの分泌を促す指令を出すのですが、機能が低下した卵巣ではエストロゲンの量を増やすことができません。すると、脳はエストロゲンを出せ、出せと指令を出し続けることになります。

このような状態が続くと、ホルモンバランスや自律神経に乱れが生じ、更年期障害が起こるのです。

一般的な日本人女性の閉経は50歳前後。そのため、閉経にともなって徐々に卵巣の機能が低下する40歳半ばから50歳くらいの女性に、更年期障害が起こるとされています。

20代~30代女性に起こる更年期障害?
卵巣の機能が安定しているはずの若い女性に起こる更年期障害のような症状は、「プチ更年期」や「若年性更年期障害」、「プレ更年期」などと呼ばれています。

そもそも「更年期」とは、女性の閉経前後の期間を指す言葉です。

それなのに、若い女性が更年期障害のような症状に悩まされているのは一体なぜなのでしょうか?
その原因は、「視床下部」の働きが悪くなるせいだとされています。

視床下部は、ホルモンの分泌や自律神経をコントロールする脳の部分のこと。

ストレスや過労、行き過ぎたダイエットなどによって自律神経が乱れると、同じ部分でコントロールされているホルモンの分泌にも悪影響を与えてしまいます。

自律神経の乱れによってホルモンの分泌量が低下し、プチ更年期と呼ばれる症状を引き起こしてしまうのです。
プチ更年期の症状
「最近なんだか体調がよくない」「生理の周期が乱れている」という方は、プチ更年期の可能性があるかもしれません。

プチ更年期の症状を放っておくと、女性ホルモンの分泌量が低下したままになり、卵巣の機能が衰えてしまうことも考えられます。

以下の症状に当てはまるものが多い場合は、すぐに対策を行いましょう。
・倦怠感、疲労感が拭えない

・手足の冷えが気になる

・めまいやのぼせがする

・気力や集中力が続かない

・記憶力が低下した

・食欲がない

・夜眠れない

・顔や体がほてりやすい


プチ更年期を解消する5つの方法
女性ホルモンは、不規則な生活やストレスが大嫌い。でも、忙しい日々の中で、毎日規則正しく生活して、ストレスもなくして…現実的には難しいと思う人も多いのでは?
そんな場合は、できそうなことから実践する意識が大切。効果が実感できると、さらに体によいことを取り入れたくなり、良い循環が生まれ、次第に女性ホルモンが整ってきますよ。
1.朝起きる時間を決める

寝る時間がバラバラでも起きる時間を一定にすると、体はそのリズムに合わせようとして体温や眠気をコントロールし始め、自律神経のバランスも整ってきます。
2.スマホ・携帯をベッドに持ち込まない

就寝前に強い光の刺激を受けるのはNG!脳が刺激され、眠りの質が落ちてしまいます。寝る1時間前にはスマホ・携帯の操作をやめるのが理想的ですが、ついつい見てしまう人も、せめてベッドに持ち込むのはやめましょう。
ホルモンバランスを整えるために良質な睡眠は欠かせません。こちらも参考にしてみてくださいね。『「睡眠」を見直して、あなたも今日からホルモンヌ!』
3.自分なりのストレス解消法を見つける

多忙な仕事や人間関係など、現代女性にストレスは付き物。重要なのはストレスをためこまないことです。思い切り笑う、お気に入りのアロマを嗅ぐ…など、自分がスッキリできるストレス解消法を見つけましょう。『女性ホルモン美人になれる秘訣「ストレス解消」のススメ』でもいろいろな方法をご紹介しています。
4.サンドイッチカイロで卵巣を温める

おへその下とお尻の割れ目の上にカイロを貼って、卵巣を表と裏からダブルで温めましょう。卵巣の働きが活発になると女性ホルモンの分泌がUPします。
5.朝食を必ず食べる

朝、きちんと体を目覚めさせ、交感神経のスイッチをオンにするためには、一口でもよいので、何か食べる習慣をつけましょう。脳を活性化させることで、自律神経が整い、ホルモンバランスも整います。
朝食のみならず、食事は体作りの基本であり、女性ホルモンにも大きな影響を与えます。食生活改善と聞くと、大変そう…と思いがちですが、ほんの少しクセづけするだけで良い変化が起きてきます。『食生活の乱れが女性ホルモンの乱れを招く!?食を変えて艶やか美人に!』も参考にしてくださいね。

私も仕事上不規則なので、今の生活を見直してみなさんも頑張りましょう‼️
12月のAKOのお休みは

12月3.5.7.12.19

12月のご予約は早めのご予約をオススメさせていただきます。

ご予約はENこちら

クーポンはコチラ!